ホーム  >  貸したい

初めての賃貸

「住まなくなった戸建てを貸して家賃収入を得たい」
「急な転勤になったので戻るまでの期間、賃貸として貸し出したい」
「相続したマンションの貸し方が分からない」

 

など、賃貸物件の貸し出しに関する様々なご相談を頂く機会が増えてきております。

 

近年、全国に賃貸として貸し出されているマンション・アパートの空室率は7割台まで下がっており、

6割台に突入しているエリアも少なくありません。

 

決して入居希望者が減っているわけではなくむしろ増え続けている状況ですが、

入居者獲得の競争が激化しており「貸す」という選択肢を取る前にしっかりとした準備をしておかないと、

いつまでたっても入居者が決まらないという状況に陥ってしまいます。

 

また、こういった悩みを持たれているオーナー様の多くがお仕事をされていらっしゃいますので、

入居者促進にあまり多くの時間を割くことが出来ないう現状もございます。

 

では、少しでも早く希望家賃で入居者を見つけるにはどうした良いのか?

 

そういったお悩みを解決出来るよう弊社では総業53年の経験と実績を基に、

より短期間でマンションを貸し出せるよう様々なご提案をさせて頂いております。

 

オーナー様のご希望と物件状況に合わせたご提案を致しますので、まずはお気軽にご相談下さい。

  

 

 

満室にしたい

 

「空室の増えたアパートを満室にして欲しい」

こういったお悩みが増えている大きな要因として挙げられるのは、先に挙げた空室率の問題と

インターネットの普及が大きな要因として考えられます。

 

現在はスマートフォンで手軽に賃貸物件の検索が出来ますので、手が空いた時に検索し、

気になった物件にお問合せを入れて、掲載している不動産店舗に予約をして訪問し、

目的物件を見学して契約するという流れがほとんどです。

 

以前のように、住みたい街の地元の不動産屋に赴き、物件を紹介してもらうという物件探しのスタイルは影を潜め、

インターネットで住みたい物件を入居者自らが探すという入居者主体のスタイルに切り替わっており、

インターネットの知識が薄い不動産会社に物件を依頼するといつまで経っても入居者は見つかりません。

 

また、インターネットに物件が多数掲載されているため、入居希望者の目も肥え、

相場感覚もしっかりとしておりますので、オーナー様が貸したい家賃で貸せないというのが現状です。

 

まずは競合物件を知り、家賃相場を把握し、適正家賃で募集に出すというのが一般的ですが、

家賃を出来る限り下げたくないというオーナー様のご事情もあるかと思います。

 

そのような場合でも、家賃下げず満室に出来るプランをご提案致します。

 

ご提案の一例としては、インターネットで検索をする際にチェックされやすい人気設備を最安値で増設し、

家賃を下げずに安定的な入居が見込めるよう致します。

 

また、リフォームをご希望のオーナー様には、単にリフォームをするのではなく、

現代のニーズに合わせたリフォームプランを、どこよりも安い内容でご提案させて頂きます。

 

ご希望の方には過去の実績をしっかりと数値化した上でご紹介致します。

 

入居率8%のアパートを半年で入居率100%まで引き上げた実績もございますので、

現在の入居率如何に関わらず気軽にご相談下さいませ。

 

ページトップへ